転職活動の履歴書作成のポイント

どんな書き方をすれば、転職活動がうまくいく履歴書が書けるでしょう。しっかりとした履歴書を作成できなければ書類審査すら通過することはできません。転職のための履歴書の中でもポイントになるのは志望動機の部分です。大きな企業に入りたい、よい待遇を求めているという動機では、企業側の目に止まりません。転職をするに値する動機を記載する必要がありますので、これまでの経験や仕事を踏まえた、今後の見通しを書くことです。

 

志望動機を書くときにポイントはいくつかあります。転職先の職場で自分の能力は生かせるのか、会社が求める人材を理解し、その人材に自分が合致していると主張できるかです。動機欄を書く時には、90%は文字が入るように心がけます。今までやってきた仕事を具体的に書いた上で、動機に繋げる文章にしていきます。きちんと志望企業の求人内容を理解したうえで、転職前のキャリアを生かして新しい会社でどんな仕事に取組みたいかをアピールしましょう。

 

スカウトメールをもらったから、単に求人条件が合うから、給料がいいからというような動機では好印象は得られることはありません。アクティブに動かなければ、転職活動は成功しません。会社側も欲しい人物があり、即戦力を求めていることが多いようです。未経験ですが仕事を通じて成長したいというアピールは通用しませんので気を付けましょう。希望通りの転職先を決めるために、履歴書をきちんと作成して、相手企業からのいい評価をもらいましょう。